FXで示されるチャートを読み取るコツとは

FXは、基本的に二国間の為替差額によって収益をあげる方法が紹介されています。これをスワップ金利と言いますが、FXにおける収益はこの他にも、買値と売値の差額を示すスプレッドがあります。

 

収益の種類問わず、FXで利益を得るには為替がおかれている相場を把握する必要があります。そのためには、相場の状況を表すチャートの分析が求められることになります。

 

チャートにはその銘柄の物価を示すものとして捉え、右肩にあがると物価が上昇したことになります。逆に右肩にさがると物価は下がり、為替にかかる価値が下がることを意味します。よって、物価が上昇するころを見計らって買いに出れば、FXで収益を上げることになります。

 

しかし、物価が上昇・下降するタイミングは不明瞭なうえ、大多数の投資家によって動向が左右される傾向にあります。そのため、売買のタイミングを見誤ることによって、損失を被ることになります。

 

そこで、個人投資家にはチャートを読むコツが必要となり、過去の為替の動向を分析することでタイミングを見定めることができます。最もポピュラーなのが移動平均線と呼ばれるもので、物価の上昇の目安となるトレンドを把握しやすくなる利点があります。

 

この方法には、短期と長期で定められた平均線を引くことによって、変動を予測しやすくなることで知られています。